モビットに借り換え・おまとめローンする前に知っておかなければならない事

モビットに借り換え・おまとめローンする前に知っておかなければならない事は、

 

 

モビットにはフリーローン以外の商品がないということです。


その他大手消費者金融を見ても様々な商品を用意しています。これは消費者金融などの貸金業者は、貸金業者を規制する貸金業法の総量規制に対応した商品を用意しておかないと、申込者を制限されて顧客が少なくなってしまうからです。

 

借り換え・おまとめローンの場合は、総量規制に沿って考えると相当年収がないとモビットでの借り換え・おまとめローンはできません。どういうことかといいますと、

 

例えばA社で100万円、B社で50万円の借入があったとします。これをモビットで借り換えたいとなると、総量規制では既存の借入額+申込む借入額が年収の1/3までなので、150万円(既存の借入額)+150万円(申込む借入額)=300万円これが年収の1/3までじゃないといけないので、必要年収が900万円になってしまうのです。

 

借り換えるのだから既存の借入がなくなるので、実際には150万円の借入で年収450万円以上あればいいのですが、総量規制に阻まれてモビットのような貸金業者は借り換えに貸すことはできません。こういった矛盾を解消してくれるのが、

 

 

総量規制の例外である”顧客に一方的有利な借り換え”にあたるおまとめローン・借り換えです。


総量規制の例外規定では”顧客に一方的有利な借り換え”つまり、おまとめローンなどの借り換える事によって金利が低くなり、返済額も減るということで債務者が一方的有利になる借り換えは総量規制の例外、

 

 

つまり総量規制の範囲を超えて貸してもよいということになっています。


この例が規定を利用するには、金融庁の定めた条件に沿った商品を用意しておき、おまとめローンとして貸金業者に申込む際には総量規制の例外に沿った商品に申込まないとこの例外規定は適用されないのです。

 

ですので冒頭で説明したことに戻りますが、モビットではこういった総量規制に対応した商品がありませんので、

 

 

モビットで借り換える際には、借り換え額の6倍の年収が最低でも必要になってきますので、希望は薄いということになります。


総量規制の例外に沿った商品を用意している貸金業者は?

消費者金融等の貸金業者で総量規制の例外に沿った商品を用意しているのは、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスとアコムです。借入限度額は300万円までと少なくなっていますが、それに対応する金利はフリーローンとなんら変わりません。

プロミスとアコムの借り換え・おまとめローン
ローン名 商品名 金利 借り換え可能額
プロミス 貸金業法に基づくおまとめローン 実質年率6.3%〜17.8% 300万円まで
アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローン 実質年率7.7%〜18.0% 300万円まで

 

どちらも総量規制の例外に沿った商品になっていますので、似たような条件になっています。まず借り換え対象は、

 

 

銀行のカードローンクレジットカードのショッピング枠は含まれません。


ですので銀行カードローンを含んだ借り換えの場合やクレジットカードのショッピング枠を含んだ借り換えの場合はこの商品を利用することはできません。モビットと同じ一般での申し込みとなりますので借り換え額の6倍の年収が必要になります。この商品を利用できる借り換え対象借入は、

 

 

その他の貸金業者からの借入(クレジットカードのキャッシング枠を含む)になります。


銀行カードローンやクレジットカードのショッピング枠の借り換えは銀行のカードローンを利用しないといけません。

 

>>借り換え利用が可能な銀行カードローン

 

また余程の事がない限り、既存借入への返済はプロミスやアコムが代理で返済することになりますので、借り換え用の借入金が手元に融資されることはありません。これも債務者が借り換え用の借入金を他の事に使い込むのを防止する為、例外を適用する際に盛り込まれた条件でもあります。

 

代理返済するために既存借入の残高明細なども必要になってきます。返済は口座振替のみで追加での融資は行うことはできません。これも例外を適用する際に盛り込まれた条件でもあります。最後にもっとも注意しなければならない事は、

 

 

どちらも専用の申込フォームがありませんので、申込後に電話して借り換え利用であることをプロミスやアコムに伝えてください。これをしないとこの商品ではなく一般のフリーローンで審査されてしまう可能性があります。


総量規制の例外の沿った商品を用意している大手消費者金融
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース


※申込はフリーローンのフォームになります。申込後に必ずプロミスに電話するようにしてください。

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ


※申込はフリーローンのフォームになります。申込後に必ずアコムに電話するようにしてください。

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

銀行のカードローンやクレジットカードのショッピング枠も借り換えできる銀行カードローン

銀行のカードローンはモビットのような消費者金融と違って、貸金業法で規制されておらず銀行法により規制されていますので、総量規制の対象外になります。ですが、ただでさえ審査の厳しい銀行カードローンですから、ましてや既存の借入が既にある状況ならもっと厳しいのは目に見えています。ですので、

 

 

しっかり借り換えが可能な銀行カードローンを選ばなくてはいけません。その目安となるのは、

  • ホームページにしっかり借り換えが可能と明記されている
  • 申込フォームにしっかり借り換えでの申し込みが選択できるようになっている
  • この2点です。


まず借り換え利用が不可能な銀行カードローンに申し込んでも、信用情報機関に問い合わせた時点でバレてしまいます。ですので借り換えとして利用可能な銀行にまず申込む必要があります。

 

申込フォームに借り換えの選択綱目があるということは、銀行カードローン側に借り換えでの申込ということが伝わるので、先程でいう既存の借入額+申込む借入額で審査されず、申込む借入額で審査されるので可能性は高くなります。

 

以上の二点を編集部でチェックして、なおかつ金利の低い銀行カードローンは以下の二行です。

しっかり借り換えに対応した銀行カードローン

金利 年利 4.0%〜14.5%
限度額 最高 800万円
MR.カードローン【住信SBIネット銀行】

金利 年利 0.99%〜14.79%
限度額 最高 1,200万円

モビットで借り換えを利用する場合のメリットと注意点

現在利用している借入を、少しでも有利な条件で借りなおすことを一般的に「借り換え」といいます。この借り換えについては、多くの業者で商品展開が行われており、新規顧客の獲得が可能ということから銀行をはじめ消費者金融などで借り換えを利用することができます。

 

なお、借り換えについての目的から現在借入を受けているところよりも低金利で借り直したいという考えから、低金利で利用できる銀行のカードローンを利用して借り換えを検討するケースが多くなっています。そんな中でおすすめの業者といえるのが、消費者金融のモビットです。

 

実はモビットでは、「借り換え」に特化した商品の取り扱いを行っていません。にもかかわらず、なぜモビットがおすすめなのかといえば、ひとつは申し込みから融資実行までの手続きが非常にスピーディーかつ手軽という点にあります。モビットといえば

 

 

インターネットだけで契約が完了する「WEB完結」が一般的に知られています。


もちろんこのWEB完結を利用するためにはモビットの定める一定の条件をクリアする必要があるのですが、その点さえクリアできるのであれば電話連絡なし、郵送物なしというモビット特有のメリットを受けることができます。

 

借り換えに特化した商品がないモビットではありますが、現在利用している借入金額と同じ金額をモビットで借り入れし、その分で既存の借入先に対して返済をすれば、後は返済先はモビットのみとなりますので、

 

 

こうした方法を利用すれば事実上「借り換え」と同じことになります。


この場合の注意点としては、既に借入を利用している状態でさらにモビットから融資を受けることになりますので、審査に通りにくい可能性があるという点です。そのため、モビットでは原則として融資を行う金額の利用目的については自由としていますが、ここでは

 

 

既存の借入に対する「借り換え」であることを明確にしておくと良いでしょう。


明確にしないことには総量規制対象外(正確には例外)の適用にはなりませんので、年収の1/3までしか申し込むことができません。

 

先述の通り借り換えは新規顧客の獲得につながることから多くの業者で対応しており、事前に借り換えであることを伝えておくことでモビットの利用もよりスムーズに行えます。その他大手ではアコムがありますが金利は特別低いわけではありませんが申込は多いようです。

モビットで借り換え・モビットから借り換えを検討した体験談

フリーターでしたが年収は300万程ありました

 

過去にモビットに借入したのが平成25年の2月ぐらいで、当時フリーターの為収入は300万弱。申し込みの理由が、丁度賃貸の更新月でまとまったお金が必要になり借入を申し込みしようと思った矢先にモビットの広告メールが携帯に届きました。

 

自分は過去に自己破産してましたが免責から10年以上経過しており、他社からも1社の借り入れがありますので、自己破産歴があったので審査に通るか心配でした。希望額は10万円。総量規制の範囲内での申し込みです。

 

最初にメールでの申し込みで可決され(1時間ぐらい)、その後申し込みは専用アプリでの身分証を写メで送りました。後日携帯の方に担当者からの連絡を頂き最後に会社の在籍確認で本審査終了です。

 

利用規約書もアプリからダウンロードするシステムなので便利だと思います。5日くらいで自宅にカードが届くとの事ですが、すぐに借入が必要な場合アプリからログインして、指定振り込み口座を入力すると即座に振り込み融資を受けられます。

 

実質2日間での融資が可能です。返済に関してはコンビニのATMと提携しているので自分の場合仕事終わりが夜遅い為活用してます(多少手数料か掛かります)。

 

その後もまめに返済を続け、増額の電話もありましたので、増額申請もして使い続けています。その当時は正社員になり再度会社の在籍確認と源泉徴収票の提出がありましたが、再審査も問題なく通り可決されました。

 

一応枠だけ増やして頂き、現在も緊急時に借入して返済中です。利息も他社と比較して低い方だと思います。専用アプリにて手続きがスムーズに行われるのが1番のポイントでしょう。


妻に内緒で職場の女性と旅行にいく為に

 

去年の秋にモビットからお金を借りた事があります。あまり良い理由ではなく、妻に内緒で職場の女性と旅行に行く費用を捻出する為です。身分についてですが、私は大手企業の法務専門職として働いており、年収は35才で850万程度と平均より高めの収入を得ています。

 

本来なら旅費程度すぐに調達できるのですが、いかんせん給料の口座は妻に管理されていますから、借金以外の手段では旅費の捻出が難しかったのです。なお、数ある銀行や消費者金融の中で融資元として家庭とは別の口座に最適だったモビットを選択した理由は、自宅への書類郵送と電話審査が無いという点に尽きます。

 

借り入れの理由が理由だけに、妻には絶対にバレるわけにもいきませんし、同じ職場の女性との旅行である為に、職場への発覚リスクも避けなければならなかったのです。

 

モビットでは指定口座と健康保険証を提出するだけで、これらのリスクをゼロにする事ができますから、職場にも内緒にしたかったのでモビットを利用しない手はないと言った心境でした。なお、審査についてですが、あまりお金を借りた経験がない為に、他社との比較は難しいというのが本音です。

 

ですが、審査結果は申込日の翌日に受取ることができましたし、質問事項等へのレスポンスも非常に丁寧で、所感としては満足できる対応でした。初回利用時に借りた金額は35万円程度で、その後も秘密の交際を行う度に繰り返し利用をし、秘密の交際に使い続けています。

 

カードの郵送や月ごとの明細等も郵送されてきたりしませんから、現在に至るまで妻にバレるといった事もなく、非常に優れたプライバシー性だと感じました。


建築業の仕事で年収300万ぐらいでした

 

その当時モビットでお金を融資をしてもらった時は、私は正社員で建築業の仕事に就いており年収300万ぐらいでした。

 

お金を借りた理由としましては、いけないと分かっていたのですがやってしまったのですがギャンブルの為でした。
負けた三万円を取り戻そうと考えていまして、本当ならお金を借りる事は良くないなと分かってはいたのですが、ギャンブル中毒になっており自分自身に制御することはできませんでした。それで負けた翌日にパソコンでモビットにインターネットの申し込みをしました。

 

審査には一時間もかからないでスピーディーに連絡が来ました。それよりも最、早く連絡が来たと思います。審査に通ってからお金を実際に借りられた日数は申し込みをしてから翌日の昼には銀行にお金が振り込まれていました。申し込みをした時間が遅かったせいもあり、実質的に二日で借りられました。特に急いでいた訳ではありませんでしたので妥当な日数だなと感じましたし、審査もそれなりに早く終わりましたので良かったです。

 

三万円をモビットで借りてから返済まで二ヶ月で終わりました。その三万円で借りたお金もギャンブルにやられてしまった事もあり、それ以降につきまして一切融資の申し込みをしていませんがモビットで融資ができた事について本当に良かったなと感じました。お金が必要になった時にお金が融資ができるこの点について非常に素晴らしい事だなと思いました。でもこれからは、ギャンブルの事ではなくもっと良い使い道でお金が必要になりましたらお金を借りたいなと思いました。


更新履歴